|コラム|あなたの食事介助大丈夫ですか?スプーンの大きさで食べ方が変わる!

実際の食事介助を行うとき、大スプーンと小スプーンで、どれくらい介助を受ける人(患者さんや利用者さん)の食べ方が変わるのか、食事介助風景の写真をもとに解説したいと思います。

1、間違った「スプーン×姿勢」が誤嚥リスクを招いてしまう!


写真①のように、大スプーンと小スプーンでは、掬えるひとさじの量が大きく違います。

大スプーンの場合は、山盛りになってしまうため、摂食嚥下障害者は1回で嚥下できず、誤嚥リスクを招いてしまいます。

 

 

また、飲み込むときの姿勢にも注意が必要です。私たちがふだん自力摂取しているときは、やや頸部前屈の姿勢

(顎と胸骨の間に握りこぶしが1個が目安)で食べています。

 

しかし、図1のイラストのように顎が上がった姿勢では、飲み込みづらさやムセを生じやすく、誤嚥リスクを招いてしまいます。

 

 

 

2、大スプーンでの食事介助は、無意識のうちに危険を招いてしまう!


健常であれば、スプーンのサイズが大きくても食事介助の方法に個人差があっても、自分の嚥下力でカバーできます。

しかし、ご自分で自力摂取できない方にとっては、食べにくい食事介助をされることは苦痛です。

そして、介助者の無意識の行為(写真②-B)が、ムセや誤嚥リスクを高めることになってしまいます。

 

 

写真②)スプーンの大きさの違いが、介助と捕食に与える影響

小スプーンは、ホールが全て口中に入るため、上唇でしっかり捕食できる。

患者の目線も最期まで下方を向いているため、顎が上がっていない。⇒良い嚥下につながる

 

大スプーンは、ホールが口に入りきらないため、無意識に介助者は口中へ流し込もうとし、

患者は食べ物をすすろうとしてしまう。

その結果、顎が上がり頸部は伸びてしまう。⇒ムセ、誤嚥を招く!

 

 

 

食べるという行為は、私たちの日常では当たり前のことで、無自覚のうちに繰り返されている行為です。

この無自覚に行えていることを意識化するということが、案外難しかったりします。

そして、相手を思う気持ちと根拠を併せ持った対応こそが、安全で食べやすい食事介助を生み出すのです。

プロフィール

特定医療法人 研精会法人本部食支援プロジェクト推進本部長

稲城台病院食支援センター長 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

看護師 芳村直美先生

お知らせ一覧へ戻る

TOP
メールマガジンのご案内
コラム、レシピ、新商品など、
最新情報を毎月お届けします!