介護が必要な方へ 食事をおいしく安全に食べるためのポイント

「食べる」=「かむ」+「飲み込む」


「かむ」とは?  =咀嚼(そしゃく)

私たちはものを食べようとする前に、何をどのくらい、どのように食べるかを脳で判断します。

その情報を得て、食べ物をかんだり、舌でまとめたり、喉に送り込みます。

 

「飲み込む」とは? =嚥下(えんげ)

私たちの喉には、息をするために常に開いている「気管」と食べ物を飲み込むときに開く「気道」の二つの出口があります。飲み込むときは、気管を閉じて、食道を開き、食べ物を押し込みます。この動作をタイミングよく行う必要があります。

 

これらの機能が低下した症状を「摂食機能障害」といいます。

 

誤嚥(ごえん)とは?


最近むせやすくなっていませんか? それは誤嚥している可能性があります。

誤嚥とは、食べたものや飲み込んだもの、自分の唾液などが、食道ではなく、気管に間違って入ってしまうことです。

誤嚥すると誤嚥性肺炎を起こす危険性があります。

 

むせこむなどの症状がある場合、次のことに気を付けましょう!

(実践する前にかかりつけの医療介護機関へご相談ください)

 

 

食べる前に体操をする


【体の運動】

 

1  上半身の運動 ・・・ 頭の上で両手を軽く組み、背筋を伸ばしてゆっくりと左右に傾ける。

 

2   首の運動 ・・・ 背筋を伸ばし、頭をゆっくりと左右前後に傾け、また、ぐるっと回転させて首の筋を伸ばす。

 

 

【口の運動】

 

1.舌の運動

 

 

2.ほおの運動

 

 

3.くちびるの運動

 

 

 

食べやすい姿勢をとる


【いすでの食事】

 

 

    1. まっすぐ前を向いて背筋をしっかり伸ばす。
    2. 舌を前に出したときに、舌と床が平行になるようにする。
    3. むせの強い人はあごを少し引く。
    4. 足の裏を地面にしっかりつける。

 

 

 

【ベッドでの食事】※リクライニング機能がある場合

 

 

  1. 体が安定するところまで上半身を起こす。
  2. 頭の下に枕などを当てて、少し前屈させる姿勢にする。
  3. 膝は軽く曲げる。

 

 

視覚、聴覚、嗅覚を刺激する


きれいに盛り付けされた見た目にもおいしい食事を、食べる前に見せるようにします。

視覚、聴覚、嗅覚が刺激されて食欲も湧いてきます。

 

食後に口腔ケアを行う


食べ物をおいしくきちんと食べるには、口の中が清潔で健康であることが大切です。

姿勢に気をつけて、誤嚥しないように、歯磨きをしましょう。

 

 

 

参照)マルハニチロ発行 おいしくたべるやわらか食のすすめ

実践する場合はかかりつけの医療介護従事者へご相談ください。

一覧へ戻る

TOP
メールマガジンのご案内
コラム、レシピ、新商品など、
最新情報を毎月お届けします!