コラム|既製品介護食の活用方法のコツ

私の施設での既製品介護食の活用方法を紹介します。

各施設で予算や人員の問題があると思うので、施設でできそうなものを考えるきっかけになれば嬉しいです。

嚥下調整食を作ったり、盛り付けたりする際に、どんなことを意識していますか?また、どんなことが課題ですか?

 

 


 

私の課題は

・見た目を常食と同じにしたい

・切り方にはこだわりたいけど、なるべく廃棄するものを少なくしたい

・在庫管理しやすい商品、変わった商品より普段使いできる商品でアレンジしたい

・厨房での盛り付けの負担を減らしたい

・誰が盛り付けても同じになる簡単な盛り付けにしたい(その人の技術に左右されない)

 

 

◆クリスマス(クリームシチュー)


    

 

<使用商品>

やさしい素材温野菜いんげん / やさしい素材温野菜にんじん / やさしい素材コーン

 

~ポイント~

献立や食材によっては、見た目を似せることが難しいものもあると思います。

そんな時は、型でくり抜いて可愛くアレンジすることも方法の1つです。

クリスマスの時は、クリームシチューの上に型で抜いた温野菜いんげんをのせ、ツリーを表現しました。

シチューのソースでツリーに線を引いたり、温野菜にんじんやコーンを星型でくり抜いた残りを丸めて飾ると、

さらに華やかになります♪

 

 

◆お正月(八幡巻き風)


  

 

  

 

 

<使用商品>

やさしい素材温野菜にんじん / やさしい素材温野菜いんげん / やさしい素材ビーフ(ブロック

 

~ポイント~

温野菜にんじん、温野菜いんげんを交互に重ね、カットし格子柄にします。

真ん中をくり抜いたビーフにはめると八幡巻き風に。あんをかければ完成♪

プロフィール

社会福祉法人 共愛会 特別養護老人ホーム 共愛の里

管理栄養士 栗野先生

お知らせ一覧へ戻る

TOP
メールマガジンのご案内
コラム、レシピ、新商品など、
最新情報を毎月お届けします!